2016.09.04更新

通常、不動産登記を申請する際は、権利書(登記済証ないし登記識別情報)が必要です。


例えば、売買・贈与・抵当権等の担保設定の登記を申請するには、登記義務者となる人は、権利書を添付する必要があります。


しかし、相続登記は登記権利者も登記義務者もなく、相続人が単独で申請するものなので、権利書は不要です。


もっとも、被相続人が生前にどのような不動産を所有していたかを確認するため、相続登記を申請する前提として権利書を確認することは有用なので、その限りではあった方がよいと言えます。

  • commen_footer01.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト
  • commen_footer01_sp.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト