2016.09.05更新

相続登記は、不動産の所在地を管轄する法務局に申請する必要があります。


どの不動産がどの法務局の管轄になるかは、法務局のホームページで公開されていますが、インターネットをされない方は、司法書士にお問い合わせください。


例:岐阜地方法務局(本局)の管轄区域・・・岐阜市 羽島市 各務原市 山県市 瑞穂市 本巣市 羽島郡(岐南町,笠松町) 本巣郡(北方町)


被相続人が所有していた不動産が複数の管轄地域に渡ってあるときは、それぞれの法務局に個別に相続登記を申請します。


同じ添付書類を何通も用意することは事実上難しいため、複数の法務局に相続登記を申請する場合は、ある法務局での相続登記が完了して書類が戻ってきた後に、別の法務局に申請することになります。

  • commen_footer01.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト
  • commen_footer01_sp.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト