遺産分割 Q&A

遺産分割に関するよくあるご質問

Q相続人の全員により遺産分割をした後、遺産分割時には知られていなかった相続人が発覚しました。その場合、既に行った遺産分割は無効になりますか?

遺産分割後に新たな相続人が発覚した場合でも、既に行った遺産分割に影響はありません。この場合、その相続人に法定相続分の金銭補償を与えることになります。

Q一度成立した遺産分割協議を撤回することはできますか?

遺産分割協議は相続人全員によって行われます。したがって、いったん成立した遺産分割協議を相続人全員の合意によって解除することも可能です。相続人全員の同意が必要なので、1人でも反対したら遺産分割を解除することはできません。

Q遺産分割の際、非嫡出子は嫡出子の半分しか相続分がないのですか?

以前の民法では、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分でしたが、法改正により平等の相続分となりました。遺産分割の際も、非嫡出子は同等の相続分を主張できます。

Q生命保険金は相続財産として遺産分割の対象になりますか?

生命保険金について、被相続人が自らを被保険者および受取人としている場合は遺産分割の対象になりますが、相続人を受取人としている場合は相続人固有の財産となるので、遺産分割の対象になりません。生命保険金の大半は遺族を受取人としており、遺産分割の対象とならないことが多いようです。

Q預金債権は遺産分割を経ずに、金融機関に対して相続分のみ払い戻しを請求できますか?

預金債権は可分債権であり、遺産分割をすることなく、法定相続分について払い戻しを請求できるとするのが判例です。しかし、後の遺産分割の結果、相続人の一部が法定相続分を超える預金債権を相続することに決まった場合、手続がややこしくなるため、金融機関としては遺産分割前の払い戻しには慎重です。そのため、遺産分割前の払い戻しは事実上困難と言えます。

遺産分割に関するご相談・ご質問は、岐阜県岐阜市の当事務所までお問い合わせください。

  • commen_footer01.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト
  • commen_footer01_sp.jpg
  • メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム
  • 債務整理・過払い 専門サイト